リフティ

エステナードリフティの使い方

更新日:

エステナードリフティの使い方

使用法

1『充電』

付属の充電器は、USBケーブルにACアダブターがついているタイプ。コンセントで充電可能です。
充電している時は、赤いランプが点滅。緑色に変わったら充電終了です。
充電の持ちはかなりいいと思います。100%充電をした後、週2回から3回使用して1ヶ月以上大丈でした。

2『顔は清潔な状態に』

エステナードリフティを使う前は顔を洗い、汚れのない清潔な状態にしておきます。
お風呂あがりなどが最適でしょう。

3『化粧水かジェルを顔やデコルテに塗る』

リフティの摩擦を減らし、電気の通りをスムーズにするため、化粧水かジェルを塗ります。
私の場合、顔中央からこめかみへ、また、ほうれい線・口角のシワからこめかみへ、軽くマッサージをやりながら塗っています。

エステナードリフティを購入した際、『パーフェクトリフトジェル』を一緒に申し込んだのでしたら、それを使うのが1番いいということです。
そのジェルがない場合は、とろみのある化粧水、ジェルでとにかく滑りを良くすればオーケー。
滑りを良くすればオーケー。

4『スイッチを入れます』

本体についているボタンは2つ。
左のRFボタンは、『お肌を温め、ゆっくりとほぐす』機能で、
右のEMSボタンは、『表情筋にアプローチし刺激する』機能を持つとのこと。

どちらも独立して使えるので、『温め機能のみ』とか『引き締めるのみ』という使い方もできます。

スイッチオンの状態で、青く光り始めます。そして『弱、中、強』の3段階で強さ調整が可能。
最初はかなり刺激が強いので「弱」からスタートし、何日かかけて肌を慣らしてゆきます。

ちなみに、真ん中にあるランプのIONは『角質層深く美容液成分を届ける』機能。
強弱とは関係なく、スイッチをつけると同時に光ります。

5『リフティを顔に滑らしてゆく』

リフティを下から上へ、ゆっくりと滑らせてゆきます。
私は、ほうれい線付近からこめかみの方へ滑らせたり、顔のたるみの目立つところに集中的に当てています。
トータル5分くらいやれば大丈夫。
防水構造にはなっていないので、お風呂では使用不可です。
お風呂上がりなど、のんびりした気分で使って下さい。

6『使った後のお手入れ方法』

使用後は、リフティに付着したジェルをテッシュなどで拭き取ったあと、付属品のグレーのクロスで拭いて下さい。これでお手入れは終了です。
簡単ですよね。

クロスも水で洗って、陰干ししておくと清潔に使えます。

まとめ

イメージできましたか?
使い方はこれだけです。イメージできましたか?
ボタンがたった2つしかないので、機械に慣れない人も操作に戸惑うことなく、簡単に使えます。
毎日使う必要もなく、週2回の使用で充分。これだと続けられますね。
使っていると、肌にハリ・ツヤが戻り、たるみが改善された気がします。

はっきり言って、使用前はこんなに効き目があるとは思いませんでした。買ってよかった——。

1ヶ月使用してみて、他に感じたことや、使い心地について『【最終結果】エステナードリフティ1ヶ月検証ブログ!効果はあったのか?』にまとめましたので、興味のある方はご覧下さい。

なお、アレルギーなどをお持ちで使用に不安を感じる方は、初めて使う前にパッチテストをして下さい。
ジェルを二の腕の裏につけて、10秒ほどエステナードリフティを当てます。
その後48時間、別に異常が出なければオーケー。お顔でリフティを使ってゆきましょう。

リフティの口コミ

-リフティ

Copyright© 本当に効いた!リフティの口コミ・効果 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.